正しく選ぼう!鼻先の美容整形手術の種類と方法

2016年10月23日 | By admin |

小鼻を小さくするなら「鼻翼縮小術」

美容整形には、目元や口元などの顔のパーツ以外にも首やバスト、足など全身へのアプローチが可能です。その中でも、鼻に関する美容整形の種類は豊富にあります。鼻翼縮小術は、鼻先の手術になります。この手術は、小鼻が大きいことでお悩みの方に選ばれている方法です。鼻の穴の内側から小鼻の張り出しを切る方法と、外側から切開する方法がありますが、患者の希望する仕上がりや周囲の顔のパーツとのバランスを見てどちらにするかをドクターが判断します。

鼻中隔延長術のメリット・デメリット

鼻中隔延長術は、鼻筋が短いことでお悩みの方や正面から見たときに鼻の穴が上に向いているように見えることがコンプレックスの方に選ばれている方法になります。この方法は、鼻の穴の真ん中にある軟骨に、自分の体から摘出した軟骨を継ぎ足すことで鼻筋を伸ばします。自分の体の一部を使うので、アレルギー反応が起きにくいことがメリットです。しかし、鼻の皮膚が薄い方や肌が弱い方だと術後の傷跡が残りやすくなるリスクが生じます。

だんご鼻を解消したい!

鼻先が丸くてだんご鼻でお悩みの方には「だんご鼻解消術」がオススメです。この手術を受けることによって鼻先を細くし、シャープな顔の印象になります。この方法は、鼻の中央にある軟骨を調節したり、周辺にある脂肪を取り除くことで小鼻をすっきりさせることで患者の希望する鼻の形にします。なお、鼻の穴から行なう方法なので、顔の外側からは傷跡が見えないことがメリットです。しかし、切開をする方法でもあるので、人によっては腫れや痛みが強く出てしまう可能性があります。

美容整形の成功率は、各クリニックの治療法の種類によって、大きく異なるため、各自の肌質や経済的な事情に応じて、プランを契約することが大事です。