面倒な自己処理はもういや!医療脱毛でキレイになろう!

2016年10月24日 | By admin |

ライトシェアのメリット

医療脱毛には色々な方法があります。その中でも「ライトシェア」と呼ばれる方法はロングパルスダイオードレーザー搭載の脱毛器具として最もポピュラーな存在です。ハンドピースから長い波長の光を照射し、毛根に刺激を与脱毛をします。この機械には、冷却装置(ChillTip)も搭載されており、術中に冷却をしながら脱毛を行なえるため火傷や腫れなどのリスクを軽減できます。しかし、毛の生えかわる周期に合わせて複数回施術を受ける必要があります。

ライトシェア・デュエットとは

ライトシェア・デュエットは、アメリカが開発したレーザー型の脱毛器具のことでです。長い波長のレーザーなので、皮膚の深い部分にまで作用して、メラニン色素のみに搬送します。したがって、周辺にある血管や神経組織などを避けて照射するので患者への負担が軽いというメリットがあります。そして施術時間も短く、痛みも出来る限り軽減されているところも多くの患者に選ばれている理由のひとつです。なお、照射部分にあたるハンドピースが大きいので、顔などの小さい範囲には適していません。

エリートMPXの効果とは

エリートMPXは、Ndヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類を同時に使う脱毛法になります。それぞれの長所を活かした脱毛になるので、色素の濃い部分の脱毛や、白髪や産毛などメラニンの少ない部分の毛も処理することが可能です。なお、冷却装置も搭載されているので、術中は痛みを最小限に抑えてくれるだけでなく、やけどのリスクも最小限にできます。しかし、敏感肌の人やレーザーを照射する部分によっては痛みを感じる場合があります。

医療脱毛を東京で申し込むポイントとして、通院の回数や美容外科の医師の専門性の高さに注目をすることが重要です。